脂質の種類の中に
コレステロールと中性脂肪があります。

最近では、メディアなどでも
取り上げられることがありますので、
聞いたことがある方もいるかもしれません。

脂質と言えば、脂肪なので太るという
イメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、実際、脂質は、
健康的な身体を作るのに
欠かせなくて、
髪の毛や肌にも必要な栄養です。

脂質代謝って?

さっきも言いましたが、
私たちの身体では、
中性脂肪とコレステロールという
大まかに分けて二種類の脂質があります。


コレステロールは、
善玉コレステロールと
悪玉コレステロールに
分かれるのですが、

その三つの脂質がどのくらいの量
体内にあるのかを検査するのが
脂質代謝検査というものです。

悪玉の数値が高くて善玉が低い場合、
心臓病や脳卒中などの
病気になってしまう
可能性もあるようです。

ですので、脂質の摂りすぎや
質の悪い脂質を摂ることは
控えた方がいいですね。

特に、マーガリンは
トランス脂肪酸がかなり含まれていて
食べるプラスチックとも
言われるぐらい危険なので、
食べない方がいいですね。

その一方で、
不飽和脂肪酸と呼ばれる
脂肪酸は積極的に取り入れた方がいいです。

魚の油や魚、オリーブオイルに
多く含まれています。

不飽和脂肪酸には、
悪玉コレステロールを
下げる効果があります。

食事からはあまり摂ることが
できないという方は
オメガ3を飲むことをお勧めします。

前の記事でも紹介しましたが、
オメガ3は、悪玉コレステロールの
数値を下げるだけではなくて、

認知症予防や記憶力、集中力向上、
アレルギー体質の改善 など
良い効果を得ることが見込まれています。

では、そのような脂質を食べたら
太るんでしょうか?

脂質抜きでダイエット?

脂質は、脂肪だから
身体にも脂肪がつきそうですよね。
実際どうなのでしょうか?

脂質1gあたりのカロリーは9kcalです。
糖質1gあたりのカロリーは4kcalです。

カロリーが高い脂質を減らせば、
食べる量を変えずに
ダイエットすることができます。

脂質を食べていた分、
他の食べ物に置き換えれば、
カロリーを制限して
満腹感は得られるはずです。

ただ、糖質を食べ過ぎると
太ってしまうので、要注意です。

また、ダイエットをするために、
摂取カロリーを抑えすぎては
不健康な痩せ方になってしまいます。

個人的には、
脂質を制限するよりも
糖質を制限するほうが
痩せられると思っています。

糖質には、血糖値を上げて
筋肉にエネルギーを運ぶ役割がありますが、
余ったエネルギーは、
脂肪として、どんどんと
筋肉の上についていってしまいます。

ちなみにパン白米、うどん、
パスタなどの炭水化物を多く含む
食べ物は、かなり脂肪になりやすいです。

これらの食べ物を食べる量を
減らすだけでも、
簡単に痩せられますよ。