最近は、いろいろな
ダイエット方法がありますが、

その中でも、
酵素ダイエットというものを
聞いたことがある方は多いと思います。

では、どういった方法でダイエットをするか
知っていますか?

今回は、酵素ダイエットの
効果的なやり方と本当に痩せるのか
ということを紹介していきます。

そもそも酵素って何なの?

五大栄養素は、
炭水化物(糖質)、脂質、ビタミン
ミネラル、たんぱく質、(食物繊維)

と言われていて、
これらの栄養をバランスよくとることが
健康に生きるためには大切です。

これらは、どれか一つだけを
とっていてもあまり意味がなく
”バランスよく”とることが重要です。

ちなみに、この中には酵素は含まれていませんが、
それでも酵素はとても重要な働きをしています。

酵素は、”酵素”という栄養素が
あるわけではないんです。
私たちの身体の中で作られます。

もしくは、食べ物から
とることもできます。

①食べ物を食べて消化吸収をして、
エネルギーを生みだすのが
消化酵素。

②作り出されたエネルギーを元に、
細胞の修復や内臓機能の維持を
しているのが代謝酵素。

③食物からとることができる
食物酵素。

この三種類があります。
①と②は潜在酵素と呼ばれていて、
③はそのまま食物酵素ですね。

ということで、
酵素ダイエットは、
食物酵素をうまく取り入れて
ダイエットをするという方法です。

酵素には、新陳代謝を高める効果があります。
老廃物を排出してくれるので、
身体の中がスッキリします。

また、食べ物の消化や血液の循環などの
働きがあると言われています。

酵素が含まれているのはどんな食べ物?

食物酵素は、
発酵食品や生野菜に多く含まれています。

どんなものに酵素が
含まれているかと言うと、

ヨーグルト、納豆、醤油
味噌、キムチ、チーズ、カカオ
などがあります。

野菜で酵素が含まれているものは、
セロリ、キャベツ、レタス
トマト、きゅうり、大根、アボガド
ブロッコリー、玉ねぎ

果物だと、
りんご、バナナ、オレンジ、
パイナップルなどです。

酵素ダイエットとは?

酵素ダイエットは、
代謝が悪くて、痩せにくくて太りやすい人、
便秘気味な人にオススメです。

ちなみに、痩せようと
頑張っている人ほど

筋力トレーニング(無酸素運動)と
ランニングやウォーキングなど(有酸素運動)を
日常的に行い、

代謝を上げて、
脂肪がつかないような
食習慣にするべきです。

そんなことをするのが
面倒だと思う人が
簡単に痩せられそうな方法を
見つけようとするんだと思いますが…

酵素ダイエットは、
普段の食事を

酵素ドリンクやサプリに
置き換えるというものです。




短期間の断食を行う
ファスティングダイエットや
置き換えダイエットのような
ことをします。

糖質抜きのダイエットでは、
普段は糖質を食べていても、

それの代わりに糖質が入っていない
他のものを食べるので、
多少はカロリーをとってしまいます。

ですが、酵素の場合は、
ほとんどカロリーがないので、
痩せることができます。

1日3食とっている場合ですと、
晩御飯を食べると一番太りやすいです。

ですので、晩御飯を酵素ドリンクに
置き換えるだけでも
十分痩せることができます。

もっと頑張れるという人は、
朝と夜を置き換えるといいです。

ファスティングダイエットをする場合にも、
この酵素ドリンクやサプリだけはとるというのも
いいと思います。

ただ、あまりにも食事の回数が減ってしまうと、
栄養が足りなくて不健康になってしまいます。

そのことを踏まえた上で、
自分の体の変化の様子を見つつ、
しっかりと栄養補給と運動をして、
ダイエットをするのが理想的ですね。