みなさんは、シャンプーのあと、
コンディショナーは使っていますか?

コンディショナーを付けた後は、
すぐに洗い流すのか、
それとも時間をおいてから流すのか、
どちらがいいのでしょう。

コンディショナーとトリートメント、
同じもののようですが、
具体的になにが違うのでしょうか?

今回はそんな知っているようで
意外と知らないコンディショナーについて、
紹介したいと思います。

 

 

コンディショナーとトリートメントの違いと使い方

コンディショナーとは、
髪の表面のコンディションを整えるものです。
指通りを滑らかにし、艶出しや保湿する効果があります。

トリートメントとは、
髪の内部まで浸透し、傷んだ髪に栄養を補います。
最近では、トリートメント効果もある
コンディショナーも出ています。

次に、それぞれの使い方を説明します。

シャンプーで汚れを落とした後、
トリートメントをつけ
5~10分おいて栄養を浸透させます。

その後コンディショナーで髪を保護します。
コンディショナーは髪になじませたら
すぐに落としてかまいません。

時間をおいてしまうと、
せっかく汚れを落とした毛穴に
コンディショナーが残ってしまい、
汚れやにおいの原因になることがあります。

コンディショナーは、
なるべく地肌につかないようにし、
完全に洗い流しましょう。

コンディショナーを選ぶ際の注意点として、
髪を保護するために、
化学物質が入っているものもありますが、

これらは、肌への刺激も強く、肌に合わない場合、
頭皮のトラブルの原因になることもあります。

例えば、硫酸などの化学物質が非業されている場合は注意が必要です。


 

オススメのコンディショナー

肌への負担が少ない、オーガニックのものや
植物性のコンディショナーを選ぶと、
強い刺激を与えず、肌を守ることができオススメです。

最近人気のノンシリコンタイプのものは、
髪を綺麗に整えるシリコンの代わりに
植物有効成分が配合されているものがありますので、
是非お試しください。

ちなみ、髪を綺麗に保ちたいと思うのは、
女性だけではありません。


男性にオススメのコンディショナーを紹介します。


男性用コンディショナーは、
女性ようのものが比較的保湿を重視しているのに対して、
さっぱり感のあるものが多いのが特徴です。
香りも、女性のものほど甘くない香りが多いです。

抜け毛、薄毛が気になる方は、
頭皮の環境を整えるスカルプケアの役割もある
コンディショナーがオススメです。

もちろん、女性用も、
スカルプケアコンディショナーはあります。

男性も、女性用コンディショナーを
使ってはいけないということではありませんので、
特に乾燥が気になる方は
女性用の保湿重視のコンディショナーをお使いください。

種類豊富なコンディショナー、
ご自身に合ったものを選び、
美しい髪をキープしてください。