とくに薄着の季節に気になるのはムダ毛処理。

ムダ毛の脱毛方法はサロンやクリニックで行う
光脱毛やレーザー脱毛、
自宅でも可能なクリームによる脱毛などさまざまです。
それぞれ特徴があり、かかる費用や肌への負担も異なります。

今回はそんな脱毛方法の違いについて紹介します。

 

脱毛の種類

光脱毛

光脱毛はサロンで行われる脱毛方法です。
光の熱によって毛の再生組織に直接働きかけ、
脱毛する方法です。

メラニン組織に光が反応しますので、
日焼けした肌では、
うまく脱毛できない場合があります。

同じ光脱毛のレーザー脱毛に比べて
光の強さが弱く、痛みは比較的少ないです。


レーザー脱毛

光脱毛の一つです。
こちらは光の強さが強く、医療用ですので
クリニックでの取り扱いになります。

光脱毛よりも費用は掛かりますが、
短い期間で脱毛可能です。

脱毛部分によって痛みが生じますが、
麻酔などによって緩和することも可能です。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺し、
電流を流すことで毛根に刺激を与え
脱毛する方法です。

針を刺す際に多少痛みが生じますので、
光脱毛の導入により、
ニードル脱毛は減りつつあります。

デザイン脱毛などピンポイントでの脱毛に適しています。


 

クリーム脱毛

サロンでも行っているところはありますし、
市販でも専用のクリームを手に入れることができるので、
手軽にできる脱毛方法です。

肌にクリームを塗り、毛を溶かす成分となじませて、
一気にはがすという方法です。

クリームはソフトタイプ、ハードタイプなど
種類豊富ですので、自分の肌に合ったものを選ぶ必要があります。


 

毛抜き

自宅で簡単に行うことができる脱毛方法です。
毛抜きによって毛穴から毛根ごと毛を引き抜きます。

費用もかからず、簡単にできる方法ですが、
皮膚を傷つけてしまう場合もあり、
毛穴の黒ずみや炎症の原因になることもあります。

 

以上が主な脱毛方法です。

サロンやクリニックでの脱毛は
費用や時間がかかりますが、
専用のトリートメントなどによる
アフターフォローがあり、美肌を保つことができます。

自宅での脱毛は費用をかけずに
いつでも簡単にできますが、
肌へダメージを与えてしまうことがあります。
自分にあった脱毛方法を選ぶことが大切です。

また、最近では男子専用脱毛サロンができるほど、
男性の脱毛も珍しいことではなくなっています。

今まで自宅で処理していた方も、
恥ずかしがらずにサロンでの
脱毛も試してみてはいかがでしょうか。