ウーロン茶はダイエットにも効果的な
飲み物のひとつとして知られています。
最近では黒烏龍茶のように、
脂肪を分解するものも発売されています。

実際、ウーロン茶の成分がどのように
ダイエットに効果があるのか、
他にどのような効能があるのか、
詳しくみていきたいと思います。

 

ウーロン茶に含まれるダイエットに効く成分

ウーロン茶がダイエットに効果的なのは、
ウーロン茶に含まれるポリフェノールの1種の
カテキンが重要な役割をしています。

カテキンは、脂肪の燃焼を促す働きと、
たべたものが消化器官で吸収されるのを防ぐ働きがあり、
体脂肪を減らす効果があります。

黒烏龍茶は、脂肪の吸収を抑える成分が
普通のウーロン茶よりも多く入っているのが特徴です。

カテキンときくと、緑茶のイメージがある方も
いるかもしれませんが、ウーロン茶も同じ茶葉で
作られるので、カテキンが含まれています。

同様に、コーヒーのイメージが強いカフェインも、
ウーロン茶には含まれています。

このカフェインも、脂肪の燃焼を促す効果や、
筋力トレーニングの効果をアップさせる働きがあり、
ダイエットに効果的といえます。


ウーロン茶の効能

 

ウーロン茶には、カテキンのほかにも
健康によい成分が含まれています。

カテキンと同じく、ポリフェノールの1種である
タンニンは、抗酸化作用があり、
活性酸素を抑える働きがあります。

活性酸素を抑えることで、
がんや動脈硬化の予防につながります。

さらにタンニンは、殺菌作用があり、
虫歯の原因になる菌の繁殖を防ぐため、
虫歯予防や口臭防止に効果的です。

また、ウーロン茶に含まれる
アミノ酸の1種、テアニンは、
脳からアルファ波を発生するので、
リラックス効果、抗ストレス効果があります。

リラックスすることで自律神経が安定し、
ホルモンバランスが整います。
それによって美肌を保つことができます。

 

効果的な飲み方

 


 

ウーロン茶によってダイエット効果を得たい場合、
食事中に飲むことで脂肪の吸収を抑えます。

カフェインやタンニンは、
胃液の分泌を促進させる働きがあるので、
空腹時にとりすぎると胃のムカつきの
原因になる場合がありますので注意が必要です。

運動による効果を高めたい場合は、
運動の15~20分ほど前に摂取すると、
脂肪をエネルギーに変え、燃焼しやすくしてくれます。

リラックス効果を得たい場合は、
香りを吸収することでさらに効果が得られますので、
香りの出やすいよう温めて飲むとより効果的です。
睡眠前に飲むと、虫歯も予防できます。

ただし、過剰に摂取すると
カフェインが含まれているので、
覚醒し、眠気を妨げる原因になるおそれもあります。

ノンカフェインのものを摂取するか、
コップ1~2杯程度の量をとるようにしてください。

ダイエット以外にも多くの効果があるウーロン茶。
ぜひ効果的に取り入れてみてください。