日本の水道水は、安全ということを聞いたことがありますか?
日本の水は、世界各国と比べてみても、
かなり綺麗な水が蛇口をひねると出てきます。

たしかに綺麗な水ですが、
飲み水として飲むことはできるのでしょうか?

塩素の匂いが気になる場合は、
カルキ抜きをしたら安全に飲めるのでしょうか?

水道水って本当に安全?

日本の水道水は、51の安全基準が設けられていて、
その基準を満たしたものを、
水道水として各家庭に水を届けています。


水道水には、塩素が入っていますが、
この塩素が水と反応することによって
トリハロメタンという
発がん性物質を作り出すのです。

塩素についても、血管障害やアレルギー症状が
出る可能性があるということが、
アメリカの研究結果で発表されているようです。

その他にも、水道管が汚いせいで
水道水がさらに汚染されるということもあります。

ですので、実際、水道水は、
公的な安全基準を満たしていますが、
本当に安全なのかどうかは疑わしいところです。

カルキ抜きをすることで、
飲める水にするといことも可能ですが、
煮沸するとなると
かなり手間がかかります。

また、煮沸した後にすぐに飲まないと
空気中の菌が入って繁殖してしまいますので
あまりオススメはできません。

では、飲み水はどうしたらいいのでしょうか?

どんな水を飲めばいいの?

一時期、塩素やトリハロメタンという
有害物質の危険性を伝えることで、
ミネラルウォーターや浄水器、ウォーターサーバーの
宣伝がよくされていました。

コンビニやスーパーでパッケージ化されて
実際に、市販で売られていて
安全とされているペットボトル、
ミネラルウォーター、

その安全基準は18項目しか検査項目がありません。

実は、水道水よりも検査項目が少ないのが
実情なのです。

現在、日本全国では、
44万箇所で土壌汚染が進んでいます。

どんどん化学物質が土に染み込んで
地下水に流れているので、
綺麗だと思われている井戸水や湧き水にも
含まれてしまっている可能性があるのです。

そこから汲んだ水をペットボトルに
パッケージ化して販売していることを
考えると怖いですよね。

人間の身体は、60%が水からできています。
その身体を構成する水分が、
汚いミスからできていたら健康を害してしまうのは
容易に想像できると思います。

ちなみに、最近では、1日に摂取するべき水の量は
2.5Lと言われています。
デトックスをするために必要なのです。

外見をキレイにするには
内からキレイにしなければなりません。

健康でいるためにも、
水を飲むことはやはり重要です。

となると、やはり水は飲みたいですよね。

水道水もペットボトルも危険性があるとなると
ウォーターサーバーもしくは浄水器となりますね。

個人的には、浄水器がおすすめです。

コスパも良いですし、
かなり安心安全な水を飲むことができます。

中でも、世界的に公認された
浄水器の安全基準を満たす
NSFというマークが付いた浄水器を
選んで使用するのが一番ではないかと思います。



NSFのマークが付いた浄水器は
結構な値段がしますので、
慎重に選んで買う方がいいかもしれないですね。

一生飲み続ける水なので、
一度買ってしまえば、あとは支払わなくていいので
今のうちに良いものを買ってしまうのも
得策かもしれません。