みなさん、料理の時に使う油は何を使っていますか?

サラダ油というご家庭が多いかと思います。
ですが、サラダ油は危険だという情報が!!

本当に危険なのでしょうか?

そして、油も食べ物ですから、
賞味期限がありますよね。

時折、賞味期限を過ぎてしまこともあるかと思います。

ただ、普通にゴミに出すことはもちろん、
水道に流すこともできません。
どのようにして廃棄するのでしょうか?

今回は、サラダ油の危険性と賞味期限、
捨て方についてお伝えしていきますね!

 

サラダ油は危険?!

結論から言うと、
摂りすぎると危険です。

サラダ油が危険といわれてしまう
理由は3つあります。

1、トランス脂肪酸が危険

サラダ油を作っている過程で発生するのが、
トランス脂肪酸。

これを摂りすぎると、
さまざまな病気になりやすくなってしまいます。

なりやすいのは、がん・糖尿病・高血圧
などなど様々です。

2、リノール酸が危険

リノール酸も危険といわれています。

リノール酸を摂りすぎると脳梗塞や、
心臓病、がんになりやすくなります。

3、作る過程が問題

サラダ油は、保存期間を長くするために
体に良い成分を取り除いてしまいます。

また、原料を溶かす時に石油系の油を使用します。

この石油系の油は過熱して気体にし、
取り除かれるはずですが、
残ってしまう可能性もあるのです。

さらに、作る過程で
何度も高温にされるサラダ油は、
ヒドロキシノネナールという物質が発生することも。

これは、認知症の原因となります。

どれもなりたくない病気ばかりがそろっていますね・・・。

量が危険ということですから、
量に気を付けていきたいものですね!


賞味期限は?

もう一つ摂る際に気をつけなければならないのが、
賞味期限です。

サラダ油の賞味期限は、
大抵1年ぐらいです。

開封前なら。

え、じゃあ開封した後は?というと
1~2か月と言われています。

開封前と全く違います・・・。

この期間を大きく過ぎてしまうと、
油が酸化します。

賞味期限切れているの物は、
思い切って捨てましょう!

ですが、捨て方もよくわかりませんよね・・・。

 

捨て方

油なので、捨て方にも注意が必要です。

捨て方を2つご紹介しますね!

・牛乳パックや袋・新聞を利用
牛乳パックや袋に新聞紙を入れ、
そこに捨てたい油を入れる。

・固める
今は、揚げ物をした後に入れる
油を固める商品が売られています。

こちらを使えば、
簡単にゴミへ出すことができます。

私の家ではこれを使っていますが、
なかなか便利ですよ♪
さて、ここまで、サラダ油の危険性、
賞味期限や捨て方についてお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか?

サラダ油の危険性を把握したうえで、
大量には食べないようにしていきたいですね!

また、賞味期限を過ぎないように使い、

過ぎてしまったなら
思い切って捨てるようにしようと思います。

みなさんも気を付けてお過ごしください!