少し前から人気の出てきたオリーブオイル。

料理の一工夫にと使っている方も
沢山いらっしゃるかもしれませんね。

ただこのオリーブオイルは
「なんとなく」や「たまに」では
もったいない使い方かもしれません。

効能を知った上で毎日使えば、
さらにオリーブオイルを有効に使えるはずです。

とは言っても、やはり油ですし
毎日使うとカロリーが気になりますよね。

ダイエットに効果的と聞くけど本当?
と疑問に思うことも当然だと思います。

今回はこのオリーブオイルの効能や、
なぜダイエットにいいのか
ということについて見ていきましょう。



 

オリーブオイルの効能は?

健康と美容にいいと言われていますが、
オリーブオイルは普段使う油と
どう違うのでしょうか。

通常油は加熱製法されます。
しかしオリーブオイルは加熱することなく、
生のまま商品化されるため、
成分を壊すことなくとても新鮮な状態で
体内に取り入れられるのです。

またオリーブオイルには
オレイン酸という成分が80%近く入っています。
バターやラードのような油は固まりますよね。
それに比べオレイン酸の多いオリーブオイルは
固まらない性質があります。

体内に入った時に固まる油よりも
固まらない油の方が脂肪として
蓄積されにくくなります。

新鮮で固まりにくい油という点で
他の油よりも健康にいいことになりますね。

さて、効能ですがオレイン酸がとても活躍します。
油は酸化すると脂質に変化します。

しかし、このオレイン酸は
最も酸化しにくい油ですので
体内で脂質に変化することがほとんどありません。

さらに脂質代謝や糖代謝を促す作用があり、
中性脂肪がつきにくくなります。
皮下脂肪が気になる方にはとてもオススメです。

また、悪玉コレステロール値を
下げる効果もあります。

悪玉コレステロール値が高くなると
動脈硬化や心筋梗塞になる恐れがある為、
予防策としてオリーブオイルを
摂取すると効果的です。

では次に美容面とダイエット効果について見てみましょう。

 

油なのにダイエット効果がある?

油でダイエットなんて
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
先ほどの脂質代謝や糖代謝を促してくれる
ということから、効果的ということが分かりますね。

さらに整腸作用もあるため便秘解消にも繋がります。
腸内環境がよくなることで老廃物を貯めることなく
効率的なダイエットが見込めます。

これはもちろん美容面でも有効になります。
肌荒れの原因は便秘からともよく言われますよね。

そしてオリーブオイルには抗酸化作用も
ありますので肌の老化を遅らせることが期待されます。

この抗酸化作用は白髪や抜け毛にも効果的です。
若々しくいるためにオリーブオイルは
欠かせないと言っても過言ではないでしょう。

オリーブオイルの成分は、
体内にたくさん取り入れても無害ですが、
カロリーは他の油と変わらず高いです。
摂りすぎは注意しましょう。

一日の目安摂取量はスプーン1、2杯とし、
毎日取り入れるようすると最も効果的です。

摂取方法ですが、せっかく加熱していないものですので、
加熱料理に使うよりもサラダにかける方法や
ヨーグルトに混ぜる摂り方の方が理想的です。

オリジナルのドレッシングを作ってもいいですね。
もちろんオリーブオイルの味などが
苦手でなければスプーンにすくって
そのまま飲むこともオススメです。

ただ、オリーブオイルにも種類がいろいろあります。
中でもエキストラバージンオリーブオイルは
一切化学的処理を行っていないもので
酸度も0.8以下のものを指し、生食に合っています。

効果を期待するのであれば
このエキストラバージンオリーブオイルを使用するようにしましょう。


 

オリーブオイルは食用以外にも使える

風味や香りのよいオリーブオイルは
基本的に食用として使用されますが、
実は肌のマッサージや髪につける方法もあります。

乾燥する時期には特にオススメです。
肌はキメが整いしっとりと潤いを持つようになりますし、
髪もトリートメント代わりに使うとさらさらに。
そんな効果が期待できますよ。
これまでなんとなく使っていた方も
より積極的に取り入れたくなったのではないでしょうか?

まだ使ったことがない方は是非試してみてくださいね。
美容と健康、そして美味しい料理にオリーブオイルを活用してみましょう。