ダイエットをするとなると、
運動や食事制限を思い浮かべますよね。

もっと手軽に続けられる方法が
あればいいと思いませんか。

身体に負担をかけることなく
行えるのがストレッチです。

ストレッチをすることによって
代謝がアップし、ダイエットだけでなく
朝目覚めが悪かったりという
不調も改善してくれます。

ストレッチを行うコツさえちゃんと押さえれば、
スリムなスタイルを手に入れることができます。

そのコツをご紹介しましょう。

 

ストレッチをするタイミングは?

手軽に行えるといっても、
やっぱり効果があるタイミングを知りたいですよね。

一番効果があるときは体が温まっている時です。

体が温まっている状態だと
筋肉も柔らかくなっていて、
伸ばしやすいのです。

なので、お風呂上がりから
就寝前が一番オススメです。

シャワーですませる方もいると思いますが、
湯船に浸かって入力される方が効果があります。

逆に疲れているときや、
朝起きた時などは筋肉が固まっているので、
無理しないほうがいいでしょう。

ただストレッチをするだけではなく、
日頃から水分をとって老廃物の排出を促しましょう。

食事も、ストレッチをするからといって、
食べたいものを満腹になるまで食べず、
腹八分目に抑えましょう。

摂取カロリーが多いと、
ストレッチしているのに効果がありません。


 

毎日したほうがいいの?

筋肉って少しは休ませたほうが
いいのではないかって思ったりしませんか。

それに忙しかったりすると、
ついつい忘れてしまって
続けるのって大変だったりしますよね。

ストレッチの場合、
筋肉を和らげるために行うので
毎日することをおすすめします。

それに、すぐ効果が
得られるというわけではありません。

しかもストレッチをして筋肉を和らげても、
スグ硬くなってしまいます。

ですので、毎日続けることが望ましいです。

お風呂上がりにするとか、
寝る前に行うと決めていれば、
どんなに忙しくてもお風呂に入るし、
眠るので忘れることがありません。

ほんの少しの時間でもいいので、
ストレッチをしてみましょう。

 

腰痛改善にもなるの?

腰痛持ちだと、
なかなかストレッチをするという
気にはならないですよね。

でも何もしないでいると、
ずっと悩まされることになりますよね。

逆に腰痛をなくそうと、
腰を使ったストレッチをしても、
改善なるどころか悪化させてしまいます。

そもそも腰痛になるのは、
その部分を動かさないため筋肉が
固まってしまうためです。

なのでその筋肉を柔らかくすることが
重要になってきます。

同じ体勢をずっと維持しているのではなく、
意識的に動かさなければならないんですね。

腰痛を改善させるためには、
足やお尻・肩や背中など
腰のまわりをストレッチします。

周りをストレッチすることによって、
全体の筋肉を柔らかくなり腰痛が改善されます。

腰痛に悩ませれている方、
無理はせずに負担のないストレッチから始めましょう。