カシューナッツやクルミなど、
ナッツ類は栄養価の高い食材として
有名ですが、そんなナッツの中でも、

私たちになじみ深く、
手軽に手に入れることができるアーモンドは、
血行促進などアンチエイジング効果のある
ビタミンEが豊富です。

さらに、カルシウム、鉄分など多くのミネラルを
一度にとれてしまう優秀な食材です。
食物繊維も豊富なので、便秘解消にも役立ちます。

そんな嬉しい効果ばかりのアーモンドですが、
食べるだけでなく、オイルとしても使えるのです。
そこで今回は、アーモンドオイルの効果や使い方について紹介します。


アーモンドオイルの特徴

アーモンドオイルは、
アーモンドの木の種子から作られる油です。

少しとろみがあるのが特徴で、
ゆっくりと肌の奥まで浸透します。

臭いはほとんどなく、ほんのりアーモンドの
香りがする程度ですので、
肌に使用しても気になりません。

刺激が少ないので、敏感肌や乾燥肌の方など、
どんな肌状態の方でも幅広く使うことができます。

ただし、ナッツアレルギーのあるかたは、
アトピーが悪化するなど、
アレルギー症状が出る場合がありますので、
必ずパッチテストを行ってから使うようにしてください。


 

アーモンドオイルの効果

アーモンドオイルは、肌を柔らかくする
エモリエント効果とよばれる効果が高いので
化粧品の浸透力をアップさせてくれます。

さらに古くなり厚く固まった角質を
柔らかくすることで、くすみや黒ずみも
改善してくれます。

シミの原因になるメラニン細胞は
メラノサイトから作られますが、
そのメラノサイトの育成と、
チロシナーゼというメラニンを黒くする
酵素の働きを、アーモンドオイルは抑えてくれます。

つまり、アーモンドオイルは、
美白を手に入れるには最適なオイルといえます。

万が一日焼けしてしまった際にも、
抗炎症作用があるアーモンドオイルを塗ることで、
炎症を抑えることができます。

 

アーモンドオイルの使い方

美肌効果の高いアーモンドオイルは、
その油分を利用しメイクを浮かせて落とす
クレンジングオイルとしても使うことができます。

メイクを落としながら、洗顔後の化粧水の浸透力も
あげてくれるので、一石二鳥です。

同様に、シャンプー前に頭皮に塗って使うと、
汚れを浮かせるので、シャンプー時の頭皮への
負担が軽減できます。

髪を洗ったあとに、洗い流さないトリートメントとして
アーモンドオイルを少量とって髪になじませると、
乾燥から髪を守ります。

パサパサになりがちな冬のヘアケアにオススメです。

今まで食べることでしかアーモンドを
摂取していなかった方も、
アーモンドオイルでその効果を
さらに実感してみてはいかがでしょうか。