稲荷神社の狐の由来を知っていますか?稲荷神社と言えばキツネのイメージですが、どういった意味があるのでしょうか?

また、どんなお祭りが開催されているのでしょうか?鳥居にはどのような意味があるのでしょうか?

それぞれ取り上げていきたいと思います。

稲荷神社と聞いてあなたは何を想像しますか?きっと、怖いイメージを持たれている方が多いかと思います。

それもそのはずです。恐ろしいうわさ話ばかりがありますから。

有名な噂では、稲荷神社は一度拝んだら一生拝み続けないと祟られる。というような噂があります。

そこで、稲荷神社について調べてみました。


狐の由来が怖い?!

稲荷神社に怖い噂があるのには理由があります。

実は、神社に祀ってあるものが神様だけではなく、ダキニ天と呼ばれる夜叉も一緒に祀られているからです。

(ダキニ天は死者の心臓を食らうといわれています)

このダキニ天が乗っていたものが「狐」なのです。正しくは「霊狐」といいます。

その霊狐を日本古来の神様である、「稲荷神」の使いの狐と結びつけてしまい、稲荷神と同一視されるようになってしまったのです。

なので、稲荷神様を祀ってあるという要素がつよいので、稲荷神社の狐を怖がることはないという事ですね。神様の使いという事なのですから。


稲荷神社のお祭りに種類はあるの?

開催されている祭りの種類としましては。

  ・梵天祭

  ・例大祭

  ・初午祭

とありますが、稲荷神社特有のお祭りは「初午祭」

ということになります。

初午祭とは、

2月最初の午の日に行う稲荷神社のお祭りの事です。

京都伏見の稲荷神社が総本社となっていて、この稲荷神社に

711年の2月はじめの午の日に祭神が降臨されたと伝えられ

初午祭が始まりました。

茨城県の笠間稲荷や、東京の豊川稲荷の初午が有名です。

【初午祭由来】

もともとは、その年の豊作を祈った農村の祭りが原型だといわれています。

そして、各地で商業や各土地の産業が結びつき、

初午の行事が徐々に大きくなっていきました。

初午詣でをすると、五穀豊穣(ごこくほうじょう)、商売繁盛

のご利益があるとされています。

昔から続いている初午祭ですが、現在もなお、多くの参拝者が詰めかけ

各地でにぎわいを見せています。


必ず鳥居があるけど、鳥居の意味はなに?

鳥居の意味は、簡単になってしまいますが、「願い事が通る」もしくは「願い事が通った」というお礼の意味を込めて作られています。

ちなみに、鳥居は朱色ですよね?それは、魔力に対抗する色というように言われているからです。

鳥居をくぐって出て行かれる時に、一礼していく人がいるのは、このような意味が鳥居にあるからなのです。

いかがでしたか?

まとめて考えてみますと、

稲荷神社も狐も怖いようなイメージは全くありませんね。

様々な怖い噂がありますが、多くのご利益をもたらしてくれるので、

鳥居をくぐってお祭りに行ってみてはいかがですか?