油は基本的に体に悪いイメージがありますが、
菜種油は健康にいいと言われています。
それはなぜなのでしょう。

そして健康に良いならば活用したいけれど
結構高価ですよね。
菜種油に代わるものも見てみましょう。

また菜種油はキャノーラ油とは違うの?
という疑問が多くあるかと思われますので、
そちらも加えて見ていきましょう。

 

 

健康にいい?

さて菜種油の健康に対する効果ですが、
含まれている成分を見ながら説明します。

まずはオレイン酸です。
オレイン酸は生活習慣病の予防や改善に
とても効果的な成分なのです。

体内には悪玉コレステロールと
善玉コレステロールがあるのですが、
この悪玉コレステロールは動脈硬化や高血圧、
心臓病の原因とも言われています。

そこでこの悪玉コレステロールを
減らしてくれるのがオレイン酸です。


オレイン酸は善玉コレステロールを
減らすことなく悪玉コレステロールのみを減少させ、
血中コレステロールを適正な状態に保つ効果があるため、
これらを予防することができるわけです。

またオレイン酸は
とても酸化しにくい脂肪として有名です。

脂肪が体内で酸化してしまうと
活性酸素と結びつきDNAを傷つけたり、
がんや心疾患、脳疾患、糖尿病の
原因になってしまいます。

酸化しにくいオレイン酸は
このような生活習慣病から
身を守ってくれるものと言えますね。

また菜種油にはリノール酸が含まれています。
このリノール酸は食事からしか
体内に取り入れることができないものであり、
人体に必要不可欠な成分です。

リノール酸もオレイン酸同様
コレステロール値を下げるなど
生活習慣病に効果的であり、
エネルギー源になることや
細胞を生成に役立ちます。

ただこのリノール酸は摂りすぎると
逆に善玉コレステロールまで減らしてしまったり、
血液の流れを悪くしてしまい
逆効果になる場合があります。

ですので、過剰な摂取は避けたいですね。

ただ、菜種油にはリノレン酸という成分も
含まれており、これはリノール酸と
バランスよく摂る事が重要な成分でもあるため、
一緒に摂取できるのは嬉しいですね。

リノレン酸も血流促進や老化を
予防する効果がありとても健康にいいものです。

このように菜種油は健康にいい成分が沢山入っています。
過剰摂取をしないよう取り入れることで
健康な体作りに活用できる油と言えますね。

代用できるものは?

このように健康にいいという事が分かれば
是非使いたいものなのですが、
菜種油は普通の油よりも高価です。

普通のスーパーにないことが多いため、
なかなか使い続けることは難しいのも事実です。

そこでこの菜種油に代わるものを探すには
先程の成分が入ったものを選ぶといいですね。

リノール酸は現代の日本人に
不足することはないと言われているため、
オレイン酸やリノレン酸が
多く含まれる油を見てみましょう。

まずはオリーブオイルです。
オリーブオイルは人気が出てから
スーパーでも良く見かけますね。

ものによっては菜種油同様
高価なものもあるのですが、
少しでも安く購入できる可能性もありますので、
参考にしてみてください。

次にゴマ油です。
こちらはオリーブオイルよりも
さらに手に入れやすいものですね。

オレイン酸の含有量は
オリーブオイルに比べると少ないのですが、
十分な量が含まれていますので是非活用したいですね。

ではリノレン酸が多く含まれる油も見てみましょう。

それは亜麻仁油です。
こちらも最近人気が出てきているため
スーパーで見かける方もいるかもしれませんね。

この亜麻仁油にはリノレン酸が
とても豊富に含まれており、
一日スプーン一杯で目安摂取量を
クリアできるものでもあります。

少しお値段が高めですが、
試してみる価値はあると思いますよ。
いずれも過剰摂取は体によくないので
適量を摂るようにしましょうね。

 

他の油との違いは?

この菜種油ですが、キャノーラ油とは違うの?
という疑問が多くあります。

キャノーラ油も植物油で
ナタネから採取されたものですし、
お手頃な価格で手に入れることができます。

ですが、菜種油とは価格が全く違いますよね。
これはどのような違いがあるのでしょうか。

そもそもキャノーラ油と菜種油の
採取源が全く違います。

キャノーラ油とは洋種菜種の
西洋アブラナからとれたものであり、
輸入されたものです。

一方値段の高い菜種油は
日本在来種のアブラナからとれたものです。

他の食品も一緒ですが、
やはり国産のものは値段が高くなってしまいますよね。

さらに現在日本での菜種自給率は
0.04%とかなり少なく希少なものですので、
とても高価になってしまうのです。

では成分はどうでしょう。
やはり同じとは言えません。
日本で作られるものは
かなり製法にもこだわっており、

とても濃縮された菜種油になっているのに対し、
キャノーラ油ではその成分の含有量は及びません。

そのため国産の菜種油は高価であり、
健康面でも優秀なのです。


 

いかがでしたでしょうか。
なかなか国産の菜種油を
使用するのは難しいですが、
健康のためにも良い油を使っていきたいですね。