私たちの腸の中には
たくさんの菌が存在します。

腸内環境を良好に保つには、
悪玉菌、日和見菌、善玉菌を
しっかりと理解する必要があります。

その中でも善玉菌は、
私たちの健康を維持していく上で
とても重要な菌です。

腸内年齢が若い人というのは、
悪玉菌よりも善玉菌の方が
量が多いです。

良好な腸内のバランスは、
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌:7です。

日和見菌は、
腸の中の善玉菌と悪玉菌の量で
どちらか多い方と同じ働きをします。

善玉菌を増やせば
善玉菌の味方をしますし、

悪玉菌が多ければ
悪玉菌の味方をしてしまいます。

では、どうやって
この善玉菌を増やすのか
ということですが、

乳酸菌やビフィズス菌を
食べることで、
体内で多く作られます。

腸内細菌の中でも
重要な細菌がビフィズス菌で、
善玉菌の95パーセント以上は
これでできています。

生まれたての子どもの
腸内環境は、
99%以上が善玉菌です。

これが、歳を重ねるごとに
どんどんと減っていってしまうのです。

善玉菌が多い場合は、
排便が良好になりますし、
免疫機能が高まり、
肌もキレイになります。

腸の状態が良いと、
身体の調子がよくなるんですね。

どういった食生活をしているかで、
腸内に善玉菌が多いか
悪玉菌が多いかが決まってきます。

ですので、善玉菌を増やすための
食事を積極的にとりましょう。


善玉菌を増やす方法とは?

善玉菌は、以下のような
食事をすることで
増やすことができます。

・納豆、キムチ、味噌、
ヨーグルトなどの発酵食品。

これらの発酵食品には、
乳酸菌が含まれています。

・芋類、豆類、海藻、
果物など、食物繊維を
多く含む食品。

食物繊維は、
善玉菌の栄養となるので、
善玉菌を増やすのを
手伝ってくれます。

また、悪玉菌が増えるのを
抑える効果もあります。

・ごぼう、はちみつ、大豆、
玉ねぎ、ねぎ、あずき、
インゲン、バナナなどの
オリゴ糖を含む食品。

こちらも、
食物繊維と同様に
善玉菌のエサになります。

これらのような食事を
取り入れることで、
善玉菌を増やす努力をしましょう。

また、簡単に、効率的に
取り入れたいという方は、

サプリメントもありますので、
試してみてはいかがでしょうか。

特に、サプリでもおすすめなのが、
Now Foodsというアメリカの
メーカーが出しているものです。

サプリ先進国の
アメリカの中でも
かなり有名な会社ですし、

低価格・高品質で
口コミも良いものが多いです。







とにかく、
「腸は超大事」なので、
善玉菌を増やしましょう
ということです・・・

悪玉菌との関係

最近は、生活習慣病になる方が多いですが、
その原因はほとんどが食習慣です。

食生活が悪いと、
腸内環境が悪化していきます。

食物繊維をほとんどとらず、
高脂質、高タンパクな食事ばかりしていると
悪玉菌が多くなってしまいます。

特に、肉中心の食生活を
している人は要注意ですね。

肉類は、消化をしにくいので、
消化しきれずに腸内で残ったものは
腐敗便と呼ばれる毒素の強いものになります。

これが原因で便秘になったり
下痢になったりしてしまいます。

身体の外に排出されずに
腸内に溜まった毒素のあるものが
悪玉菌と呼ばれるものです。

悪玉菌が多くなると、

便秘、免疫機能の低下、
肌荒れ、体臭と口臭の悪化、
アレルギー症状の悪化、
新陳代謝の低下によって太る、

などなど・・

色々な身体に悪いことが
起こってしまいます。

これを改善する方法が、
先ほどもお伝えしたように
善玉菌となる食事をとることです。

ぜひ、善玉菌を増やす努力をして
健康的な身体を取り戻しましょう。